どんな歯医者がいいのか

>

治療するなら安心するところで!いい歯医者さんって?

歯医者はこんなところ

私たちが一般的に歯医者と呼んでいるところは、どういったところなのでしょうか。

歯医者というところは歯もしくは歯肉や歯槽など歯に関連した部位に関する疾患や病気を扱っている科になります。
では、具体的にはどういった病気を治療しているのか言いますと、一般的ないわゆる虫歯や歯周病を中心に治療しており、歯並びの矯正も行っています。

医療のほとんどは内科や外科など大まかに分類されますが、歯医者の場合はどちらかと言いますと外科の仲間になります。

ちなみに、一口に歯医者と言いましても種類は結構あります。
虫歯などを治療している一般歯科と歯並びを治している矯正歯科、子どもさんの歯の治療を主にしている小児歯科と口の中を診断する口腔外科を総称して歯医者と読んだりもしています。

歯医者に携わる人たち

これはあまり知られていないお話なのですが、実は日本では医師と歯科医師では免許が分かれているのです。
ですので、例えば歯科医師の免許しか持っていないお医者さんが内科の診察は出来ないし、逆もまたしかりです。
それだけ歯科医師というのはある意味特別な資格なのかもしれませんね。

ところで、一般的な歯医者さんにはどれだけの人たちが働いているかご存知でしょうか。
虫歯などの治療をしている歯科医師の他に、予防処置や医師の補助、そして患者さんへの歯磨きなどの指導をしている歯科衛生士や詰め物や入れ歯を作っている歯科技工士、そしてさまざまな雑務を請け負っている歯科助手などの数名で回しています。
場合によっては、放射線技師や言語聴覚士が必要になってくるときもあります。


TOPへ戻る